プレカット事業

APS工法

APS工法(アップルピンシステム)は、アップルピンを柱、梁の中に納めて耐震性を強化し、昔ながらの日本の「木の家」、慣れ親しんだ木の柱や梁のあらわしを実現することが可能です。

日本伝統の木造軸組工法を基本に開発されたAPS工法(アップルピンシステム)は、鉄筋コンクリート造・ツーバーフォー工法と異なり、ライフスタイルや家族構成の変化に合わせて自由に増改築の対応ができます。

住宅の品質が大幅に向上
  1. 金物が露出しないため、美しい仕上がりを実現。
  2. 他の金物工法に比べ、防火性能や気密性能が大幅に向上。
    逆ネジ形状の緩み止めがあり、また、ボルトやナットを使用しないので、木痩せ等によるガタつきが出にくく、引っ張りや圧縮に対しても強い工法です。
  3. 「木」本来の力を活かすことが可能。
    従来の在来工法に比べ断面欠損が少ないため、木材の接合部の強度低下を防ぎ、木本来の力を活かすことが可能です。
トータルコストで差がつく
  1. カスタマイズ導入でローコストを実現。
    APS工法は既存の在来工法プレカット工場のラインを活かし、若干のカスタマイズで導入できるため低額での導入が可能です。
  2. 在来工法のアリ加工をベースに開発。
    APS工法は在来工法のアリ加工をベースに開発されています。初めて施工される職人さんにも違和感が少ないため、施工性が向上します。
  3. 金物の突起物が無いため、かさばらず輸送コスト削減。
    APS工法は出荷木材に金物の突起物が全くありません。そのため、荷がかさばらず、在来工法と同等の輸送コストで済み、輸送によるCO2排出の低減にもつながります。